かぐや様は告らせたい のレビューを書きました

かぐや様は告らせたい のレビューを書きました

この作品は、生徒会長の偉久と副会長の閣下が互いに想いを寄せながらも、プライドの高さから告白できない様子をコミカルに描いたラブコメディです。

2人のやり取りはいつもボキャブラリーが豊富で、聞いていて楽しいです。しかしその裏には素直な気持ちを打ち明けられない葛藤があり、それが2人の距離を生んでいると感じました。誤解とプライドが積み重なるにつれ、関係はギクシャクしていく一方。そんな2人を見守る優しい仲間たちの存在が救いです。

感動的だったのは、偉久がついにプライドを捨てて告白するシーンです。追い詰められた末の本音が響く告白に、視聴者もホッとしました。裏表のない2人の関係が取り戻せた喜びを覚えます。

この作品の魅力は、難しい気持ちを上手く言葉にできない2人の姿がリアルだという点だと思います。優しさとプライド、DISTANCEとCLOSEな気持ちのギャップに共感できるのではないでしょうか。告白することの困難さとカタルシスを描写した好作品だと思います。

漫画:かぐや様は告らせたいのレビュー・感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です