ぼっち・ざ・ろっく! のレビューを書きました

ぼっち・ざ・ろっく! のレビューを書きました

この作品は、高校生の印南がぼっちギターにのめり込む様子を描いた音楽アニメです。

印南は本来陽気な性格なのに、クラスでの居場所がなくぼっちになってしまいます。そんな彼女が夢中になるのが、一人部屋で思い切りギターを弾くこと。壁に向かって演奏する姿はカッコいいと感じました。

印南に活力を取り戻させたのは、個性的なバンドメンバーとの出会いでした。最初は対立もありましたが、音楽で信頼関係が築かれていきます。曲作成を通じて印南は自己表現する喜びを覚え、少しずつ世界が広がっていく様子が胸を熱くしました。

印南の成長に合わせて、アニメ自体の音楽性もグンと向上。ライブシーンは圧巻で、自分もまるでその場にいるような気持ち良い没入感がありました。努力と友情、青春の輝きを存分に感じ取れる作品です。音楽は人を変える力があると教えてくれた名作だと思います。

幽☆遊☆白書を読んだ感想:桐山進也Blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です