ハッピーマニア のレビューを書きました

この作品は、気分屋な主人公・城之内が、自分の人生をよりハッピーにする方法を求めて奮闘する様子をコメディタッチで描いたドラマです。

城之内の“今日しかない人生を全力で生きる”という姿勢には共感できます。仕事への情熱も手本となります。一方で、周囲への配慮を欠く自己中心的な面もあり、ジレンマを感じる場面も。そんな彼のマイペースぶりに翻弄されながらも、周りの人たちは城之内の生き様を受け入れ、成長に導いてくれるのです。

城之内が悩みを抱える人たちの問題解決に全力を注ぐ様子は、生きる力をもらえるシーンです。自分の信じる道を突き進む姿に感化されます。

このドラマのメッセージは、他人の価値観にとらわれず、自分らしく生きることの大切さだと思います。周囲との軋轢は避けられませんが、思いやりを持って生きていけば、幸せは見出せるはず。そんな希望に満ちたドラマだと感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です