進撃の巨人 のレビューを書きました

「進撃の巨人」は、諫山創による日本の漫画作品で、アニメ化もされたこの物語は、巨人に脅かされる人類が壁に囲まれた世界で生き延びる戦いを描いています。この作品の最大の特徴は、緊迫感溢れるストーリー展開と、予測不可能なプロットです。物語は、主人公のエレン・イェーガーと彼の友人たちが巨人に立ち向かう姿を中心に展開されます。

「進撃の巨人」は、ただのアクションやサバイバルの物語に留まらず、深い社会的、心理的テーマを掘り下げています。巨人との戦いは、人間の恐怖、絶望、そして希望を象徴しており、キャラクターたちの内面的な葛藤が巧みに描かれています。エレンの復讐心、ミカサの忠誠心、アルミンの知恵など、各キャラクターが持つ独自の動機や背景が物語に深みを加えています。

また、政治的な陰謀や人類の歴史に関する謎が徐々に明らかになる中で、物語は単なる生存の戦いから、人間の本質や歴史の真実を問うものへと変化していきます。このような複雑なテーマは、読者に多くの考察の余地を与え、作品の魅力を一層高めています。

アニメ版は、その圧倒的な映像美と迫力あるアクションシーンで高い評価を受けています。特に、巨人との戦闘シーンは、生々しさと緊迫感があり、視聴者を物語の世界に引き込みます。また、音楽や声優の演技も物語の雰囲気を高める重要な要素です。

一方で、この作品は暴力的なシーンや残酷な描写が多く、それが物語の緊張感を生み出す一方で、一部の視聴者には受け入れがたい内容となっている可能性もあります。しかし、これらの描写は、作品が伝えようとするメッセージやテーマの重要な部分であり、単なるグロテスクな演出ではないことが理解されるべきです。

総じて、「進撃の巨人」は、単なるファンタジー物語を超えた深い社会的、心理的なテーマを扱う作品です。その独特な世界観、複雑なキャラクターたちの心理、そして予測不能なストーリー展開は、多くのファンを魅了し続けています。

著書:朝1分間、30の習慣。 桐山進也のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です