マインドセット

あなたお寿命はあと何日?残り時間と必要金額を真剣に考えてみる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、さとやんです。

最近子供とのやりとりで

あらためて考えたことがあります。

 

それは・・・

自分の残りの寿命

についてです。

 

先日、僕と子どもたちだけの夕食のときに

こんな会話をしたんですよ。

 

さとやん「パパって実はあと44回しかクリスマスや正月が来ないんだよ。」

 

長女「え・・・!どうして?」

 

さとやん「日本人の男の人ってだいたい81歳くらいまでしか生きないんだ。だからパパの残り寿命は44年ってことになるからね」

 

長女「え・・・もうパパと44回しかクリスマスやれないの・・・?そんなのヤダーーーーーー!!!(泣)」

 

次女「えーーーーーーーん!!!((泣))」

 

三女「???(意味がよくわからない)」

 

さとやん「・・・あぁ、いや。もっと生きるかもしれないね^^; その頃には薬がもっと良くなってて・・・」

 

事実とはいえ、小さい子供にとっては

ショックな話ですよね。。

配慮の足りない会話だったと反省^^;

 

その頃には子どもたちも立派な中高年で

僕とクリスマスを過ごしている可能性は

かなり低いんだろうなぁ・・・。

 

ちなみにその後、仕事から帰ってきた嫁に

全く同じ話をすると、特に顔色も変えずに

 

嫁「え、まだ44回もあるの!?

 

という答えが返ってきて、

今度はこっちがショックを受ける番に・・・。

さすが嫁。頼もしい限りです。

人生はあと何年?必要なお金はいくら?

自分はあと何年くらい生きるのかを

数値化して考えると日々の意識が

変わってきます。

 

これはマジです。

 

以前、それを明確に意識するために

エクセルでこんな表を作ったんです。

残り時間を月数や日数に換算すると

数は多いものの、減っていくスピード感も

早く感じて毎日の刺激になります。

 

あと、この表には生涯いくら必要なのか

計算できるようにしてみました。

 

自分がやりたいことや

家族で楽しく過ごすために必要なお金、

子供の養育費や親の介護費なども

結構真剣に計算したんですよね。

そうすると僕が生涯必要なお金は

5億円を余裕で超えていました。

会社員じゃ全然足らんって話です^^;

 

でもこうやって必要なお金を明確にすると

 

自分がやらないといけない行動とか

期限も明確になってきます。

 

 

みなさんも一度、人生の残り日数や

必要金額を数値化して認識することを

おすすめします。日々の解像度が

あがる気がして刺激になりますよ^^

 

エクセル表はこちらでダウンロード

できるようにしておきますので

よかったらどうぞ↓

[wpdm_package id=’1085′]

 

ちなみにスマホのアプリで

「AT」というアプリがあって、

特定年付きまであと何日か

簡易表示してくれます。

 

僕はこれを毎日見るようにしてます。

こいつもおすすめですね(^^)

ATスマホアプリ

 

人生は例外なく全員に終りが来る

非常に残念なことなんですが、

 

僕らは間違いなく全員もれなく

いつかは死んでしまいます。

 

親兄弟も嫁も子供も友人も。

会社の同僚も友達も著名人も。

 

誰一人例外はいないです。

 

今が楽しい人にとっては、この時間が

ずーっと続けばいいのになーって

考えちゃいますよね。僕もそうです。

 

ここでちょっと想像してほしいことがあります。

それは旅行に行く時のこと。

旅行

旅行って、

行くときはスーパーウキウキしてて

旅行先でのアクティビティはめっちゃ楽しくて

いつもと違う特別な食事はすごく美味しくて

ホテルのベットは最高に気持ちいいわけです。

旅行中はウキウキわくわくが止まりません♪

 

でも旅行には終わりが来ます。

 

帰りの電車の中。車窓を見つめながら

あっという間だったなぁ・・・と

少しさみしい気持ちがありつつも

楽しかった旅をしっとりと振り返ります。

 

この電車の中のしっとり感も

旅行の一つの醍醐味なわけです。

 

人生も同じことだと思っています。

 

僕は死んだことがないので

突き詰めたところまではわかりませんが、

自分の人生が終わる時に

あー・・・楽しい旅だったなぁ

って思える人生にすることを

ひとつの目標としています。

でもそのためには、

道中たくさん楽しむ必要があります。

 

たくさん企画を盛り込んで、

少し疲れるくらいにスケジュールを

埋めておくことが大事ですよね。

 

僕は人生の前半戦、

つまり30代くらいまでは

終わりを意識することなく、

まったりと過ごしてきました(笑)

 

楽しいこともいっぱいあったけど、

無意識なものだったと思っています。

 

これからの人生はもっと終わりを意識して

有意識で自分の生活を大切に過ごして

いきたいと考えているんです。

 

みなさんも、自分の時間が有限である、

ということを少しだけ考えてみてください。

 

本当にやるべきことや、優先順位が

変わってくると思います。

 

それでは最後まで読んでいただき、

ありがとうございましたm(_ _)m

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*